いの一番

 

「真っ先に」「一番目に」という意味のある、『いの一番』という言葉

実は建築用語から来ています。

 

▲ 建築図面の床伏図の番付(床の設計図)

 

東西(横)方向にいろはにほへと・・・南北方向(縦)方向に一二三・・・と、使用する材の位置情報を指定するものです。

 

基礎工事後、土台を設置し、一番初めに立てる柱が「い」の「一」の場所であることから、「いの一番」という言葉が生まれました。

※木造在来軸組工法の場合。いの一番の位置は地域差があるようです。

 

コメントは受け付けていません。