筋交い

上田 周作(うえだ しゅうさく)です。

 

先日、在来木造建物の一室の壁を解体して、

筋交い(すじかい)が入っているかの調査を行いました。

「筋交い」とは、柱と柱の間に斜めに取り付け、建造物の構造を補強する部材です。

この部材が入っているかどうかで、建物の強度や耐震性が大きく変わります。

 

正しく筋交いが入っていました。

図面がない場合、壁を壊さないと分からない場合が多いです。

 

斜めに入っている、この木材が「筋交い」です。

コメントは受け付けていません。