蔵の補修工事

上田 周作(うえだ しゅうさく)です。

 

蔵の補修工事を行いました。

内部の土壁に亀裂が入り、浮き上がった状態でした。

▲浮き上がった部分をすべて落とし、補修していきます。

 

▲既存の土壁が落ちてこないように接着剤で固めます。

 

▲下地は何層も重ね塗りして乾かします。

この作業が一番重要で、日数もかかります。

 

▲漆喰で仕上げを行い、完成です。

キレイに仕上がりました✨

 

今と違い材料が少ない時代に、その時あるもので工夫して造り、その造りが100年以上保たれている‥ 職人さんの技術に感動します。

『古くなったので壊す』という考えではなく、定期的にメンテナンスを行い、昔の職人さんの技術で作られた建物を少しでも残していくことは、大切なことではないかなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です